+++8bの職場+++        +++bbs+++     +++チーム・マイナス6%+++
fds-baner2.gif   blog-1.gif     070722-10.gif

2006年07月22日

報告書?!

去る7月18日(火曜日)
豊田で開催された“テリーライアン先生のワークショップ”の内容を
簡単に記述したいと思います。
当日、犬連れ・犬なしの参加者が会場に集まりました。

テーマは「犬の行動学」について

犬連れ参加者のデモを行い、ライアン先生が直接指導したり、
各参加者からの質疑にライアン先生が答えたりと、
いろんなパターンで犬の行動に対して、
飼い主(又はハンドラー・トレーナー)がどう対応するかを勉強していきます。

例えば・・・


Q:雷を怖がるのをどうにかしたい
A:極論からいうと「絶対的な方法は残念ながらない」
  その理由⇒雷は「音・光・響き・におい・気配など」複数の
        要素が合わさっている自然現象で、完全に取り
        除いたり、予測することが不可能だから。

確かに、光に関して、ストロボを利用して慣らせたり、       音に関しては、CDを聞かせ慣らせたりすることは、可能かもしれない。

だが、前もって雷を(光るか、響くか、雨は降るかなどを含めて)予測することは難しい。

まして、雷が発生する度に犬の側にいられるとも限らない。

もし、犬の側にいられたら、ストレスを軽減できる方法と雷の状態をよく観察することが先決です。




*ボディランゲージは、一つとは限らない。犬の全体をよく見て、ちりばめられた言葉を集め読み取る必要がある。
『しっぽを振ってる=喜んでるとは限らないってこと』
by8'bかあさん

犬を見る目と、犬を囲む周囲を把握する目が必要




簡単ですが、このような内容を勉強してきました。
梓申を慣らせる為に犬連れで参加しましたが、
次回は、犬なしで参加してみようと思いますわーい(嬉しい顔)
今回よりもっと、ウォッチング目も出来そうですしね〜Hello



ニックネーム 8’bかあさん at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ・トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする