+++8bの職場+++        +++bbs+++     +++チーム・マイナス6%+++
fds-baner2.gif   blog-1.gif     070722-10.gif

2006年07月24日

悶々と・・・

今日は、かあさんのひとりごとを悶々と書かせてもらいます。

今更ですが顔(汗)
かあさんはビーグル犬の繁殖をしています。
仔犬を渡す時、飼い主になる家族を厳選してきました。
が、かあさんの勉強不足による失敗もあります。

仔犬がまったくどこに行ったのかわからなくなったケースも・・・
(犬名:PERIDOT OF THE BEAGLES K&T JP ♂ 呼び名:ココア 誕生:2004.8.20←ご存知の方、こっそり教えて下さいませ)

当然、かあさんの手から離れた時点で、かあさんの犬ではなくなります。
オーナーが望めば相談にのりますし、フォローもします、最期まで責任はあります。


が、今回もどうにもなりません。
実は


辰之進&卯月の息子(巳月の兄)のオーナーさんが久しぶりにご来店。
開口一番「もう永くないかもしれんって、(家族と)話してる」と。
詳しく聞けば・・・
病院に行ったけど「太ってるから」と言われた。
詳しい検査は何もしていない。
散歩にも行けない。
排便排尿も上手に出来ない。
震えてる。
お腹や首、喉を押さえたらギャンと悲鳴をあげる。

だから、そういう話をしているらしい。

症状を聞いて素人判断ですが、
「レントゲン撮ってもらって、ヘルニアを疑ってみて」と伝えたものの、
「う〜〜〜〜ん・・・もう永くないならな・・・」とぽつり


まだ、生きてるんでしょ?
生きようって頑張ってるんでしょ?
まだ、5歳じゃない!
まだ!まだ何とかなるでしょ?
なんで、違う病院へ行ってみてくれないの?


「でもね
それぞれの家庭で家族で、犬への感情や思い、扱い方、位置づけって違うから、かあさんの身勝手を押し付けちゃいけないよ」

「わかってる!仔犬を渡す前から充分すぎるほどわかってる」

「仕方ないやん。飼い主がそう言うんだから、かあさんの価値観とは違うし、かあさんが選んだんでしょ?!」

「確かに選んだのはかあさん。でも・・・だって、まだ生きてるのを知ってる。痛がってるのも知ってしまった。何か出来ない?」

「相手が手助けを望んでない以上、何もしないのが、かあさん自身が決めたルールでしょ」

「そうよ。そう決めた。」

「だったら、彼が最期まで幸せでいられるよう願うしかないやん」

「幸せって・・・」

「そう、彼の幸せ!」

かあさんの心の中。ずっと自問自答してますねん。

060724-1.jpg
「元気になった」と、聞ける日を待ちます。
もう一度、彼に会えると信じて・・・


ニックネーム 8’bかあさん at 18:54| Comment(8) | TrackBack(0) | かあさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする