+++8bの職場+++        +++bbs+++     +++チーム・マイナス6%+++
fds-baner2.gif   blog-1.gif     070722-10.gif

2006年09月26日

ご注意を!

みなさんも秋の風が心地いいので、公園などにお散歩に出かけてますよね?
そんなこんなで、ちょっとばかしお勉強をしてみましょうHello

そうひらめき毒性のある植物について・・・
特に今回は秋の植物だけをピックアップしてみました。
(もし、ぬけていたらごめんなさい顔(汗)

*イヌサフラン(コルヒカム、コルチカム、コルキカム)
korukikamu2.jpg
有毒部分:塊茎、根茎、種子(特に塊茎)
症状:眼に入ると失明のおそれあり、口腔と喉の灼熱感、嘔気、下痢、皮膚の知覚減退、中枢神経マヒ、呼吸困難、時に死亡、催奇形性あり等


*オシロイバナ(ユウゲソウ)
osiroibana0.jpg
有毒部分:根、茎、種子
症状:皮膚や粘膜への刺激作用、種子には幻覚作用、嘔吐、下痢、腹痛等


*キキョウ
Kikyou.jpg
有毒部分:根
症状:嘔吐、下痢、胃腸炎、溶血等


*セイヨウヅタ(アイビー、ヘデラヘリックス)
gertrud.jpg
有毒部分:葉、果実
症状:嘔吐、下痢、腹痛、口渇、流涎、皮膚への刺激等


*ダンゴギク(ヘレニウム)
Helenium-autumnale.jpg
有毒部分:全草
症状:皮膚炎等


*チョウセンアサガオ(マンダラゲ、キチガイナス)
chousen-asagao.jpg
有毒部分:葉、全草(特に種子)
症状:流涎、嘔吐、下痢、口渇、視覚障害、瞳孔散大、幻覚、頻脈、死亡等


*ツタ(ナツヅタ、アマズラ)
tuta3.jpg
有毒部分:根
症状:接触では皮膚炎、結膜炎、経口摂取では嘔吐、下痢、胃腸炎等


*ヒガンバナ(マンジュシャゲ)
higanbana2.jpg
有毒部分:全草、特に鱗茎
症状:皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では嘔吐、腹痛下痢、流涎、中枢神経マヒ、死亡等


*ヒヨドリジョウゴ(イヌクコ、ウルシタケ、カラスノカツラ)
hiyodori-jougo.jpg
有毒部分:全草、特に果実
症状:発熱、嘔吐、下痢、腹痛、呼吸困難、死亡等


*フジバカマ
fujibakama.jpg
有毒部分:全草
症状:嘔気、腹痛、頻回の嘔吐等


*ヨウショウヤマゴボウ(アメリカヤマゴボウ)
youshuyamagobou.jpg
有毒部分:全草、特に根、実
症状:口腔刺激、嘔吐、下痢、重症例では痙攣、昏睡、心臓マヒ、死亡等


*ランタナ(ソチヘンゲ、コウオウカ、セイヨウサンダンカ)
lantana.jpg
有毒部分:未熟種子、葉
症状:嘔吐、下痢腹痛、虚脱等


注意してくださいねるんるん

詳しくはこちらをご覧下さい右 四葉


ニックネーム 8’bかあさん at 20:13| Comment(4) | TrackBack(0) | お勉強しましょ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっぱいあるんですねふらふらよく見るのもあるし注意をしながら散歩しなきゃ勉強になりますぴかぴか(新しい)
Posted by 能登川のぷりん at 2006年09月28日 08:31
こんなに…!
オシロイバナやチョウセンアサガオ、ダンゴギクなんかは、よく見かけるから気をつけなきゃ。
公園だけじゃなく、よそのお家の花壇にも興味がるジャムなので植物図鑑でも持って出かけようかしら(笑
勉強します!
Posted by ブライトン at 2006年09月28日 15:37
こんばんわ。ほんまに、遅くてごめんね。
秋だけじゃなくて、冬もあるから冬に入る前にまたUPしたいとおもいます。
お勉強してねん\(^▽^)/
Posted by Re:能登川のぷりんさま at 2006年10月14日 18:55
こんばんわ。ほんとうにお返事遅くなってすみません。
特にビーは下を向いて臭いとりをしながら歩くので、
我々が気づいたときはパックリ口にいれてるかもしれません。
充分気をつけてあげてくださいね(*^.^*)
Posted by Re:ブライトンさま at 2006年10月14日 18:56
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/477208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック