+++8bの職場+++        +++bbs+++     +++チーム・マイナス6%+++
fds-baner2.gif   blog-1.gif     070722-10.gif

2005年10月02日

今の心境

キラが亡くなって早17日が経ちました。
今日まで本当にたくさんの犬友達に支えられて、
日常の生活が表向きにはこなせるまでになりました。
ふとした時に、思い出して独り泣くこともあります。

やっぱ、今は車を運転していてる時が多いかな?

キラと一緒にお散歩した彦根城

キラを病院に連れて行く為に通った道

キラが最後に息を引取った場所

キラが笑顔で遊んでた公園etc...


ラジオから流れてくる音楽を聴きながら
キラを思い出す事もある。
お友達からも教えてもらった「ペットロス」のサイトや文献をあえて見ないようにしてる。
理由は、「読むことで返って深みにはまるのでは?」という気持ちがあるからかな?でも正直、自分でもよくわからない。

キラの事故を、責め続ける自分
前に歩き出してる自分
同じ自分なんやけど、2人の距離がどんどん離れていって、
遂には別の人格が現れた方が楽かなぁって思うくらい
極端な発想をしてしまう。

犬友達はキラの事をとっても大切な存在に思ってくれてて
誉めてくれて、好きでいてくれてて。。。
その事がほんまにアタシには嬉しくて支えになってる。

みんな、本当にありがとう

キラを頭の片隅で構いませんから、覚えていて下さると嬉しいです。

キラの事で覚えている限りでかまいませんから、
キラの話をするアタシにもう暫くの間お付き合いください。

まだ、事故の解決が見えなくてアタシ自身気持ちが凹んでしまうことが多いけれど、これからもよろしくお願いしますm(*- -*)m

本当にありがとう


ニックネーム 8’bかあさん at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | かあさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まーみ、幼い頃飼っていたインコを隣の家の猫に捕られました。。。目の前で。
カゴの掃除を縁側でしている時、ほんの一瞬目を離した瞬間の事。羽を切ってあった為、飛んで逃げる事もできず・・・
追いかけました。追い込んで手を伸ばしたら思い切り引っかかれ、怯んだ瞬間にインコを咥えたまま逃げてしまった。
泣きながら家に戻ると、インコの綺麗な羽が縁側に散乱してた。
両親はもちろん隣家に抗議、謝ってもらってもインコは帰らない。
今でも鮮明に思い出せるのは、幼いまーみにはあまりにも衝撃的な出来事だったからなのでしょう。こうしてコメントを書いてる現在でも、あの事を思い出すと涙が出ます。
もちろんその後しばらくは猫嫌いになりました。
色々ペットを飼いました。
みんな虹の橋へ行きました。でも不慮の死はそのインコだけ。
病気で口が開かなくなり、家族全員で口をこじ開け餌を食べさせたけど最後は安楽死させてしまったセッター、17歳まで生きて、最後にお礼のように一声、綺麗な声を聞かせて逝ってしまった柴、ハムスター、金魚。。。
体が弱くなり、飼い主として思い切り愛情をかけた後亡くなっていったペットならば、それは悲しいかも知れないけど諦める事も出来るのでは無いかと思います。
でも不慮の死の場合、ダメなんですよね・・・
何十年も経った今でも、思い出すと泣いてしまうんですから。あの時まーみがちゃんと見ていれば・・・
子供の頃のまーみの話なんか引き合いに出せるような問題では無いんですが、お気持ちは充分解るのだと言う事だけご理解ください!
今はゆっくり時間をかけて、気持ちを静める事しか出来ないと思います。
無理に元気になろうとせず、ゆっくりと。
キラたんの話、私聞きたいです。
Posted by まーみ at 2005年10月02日 23:36
★まーみさま★
コメントありがとねん♪
後悔してもしきれないよね。。。
加害者が「犬でしょ?わからないわ」と言う様にいろんな考えがあって、いろんな人間がいるのはわかってても、最後に言いたいのは『命の重さ尊さに区別できないハズ』ってことよね。
人間ってかあさんも含めズルイわ〜
気持ちを共有できる、してもらえる事がどれほど心強いか!!
本当にありがとう。何度言ってもいい足りないくらいです。
今ね、12月にアニマルコミュニケーションを受講して
キラと会話するのを楽しみにしてます。
何を聴こうかとそればかり考えてしまいます。事故の状況も知りたいし、幸せだったかも知りたい(^^;
でも、キラの性格からしたら
気を使って逆に励ましてくれそうだな〜なんて思ったりして(^^ゞ
ビーグルずの話の合間に
キラの話をすると思いますが、
お付き合いくださいね★
ありがとう\(^▽^)/
Posted by 8’b かあさん at 2005年10月03日 18:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/80628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック